本文へジャンプします。

  • 流通経済大学
  • 資料請求
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

ホーム > 学校案内 > 卒業生の活躍

ここから本文です。

卒業生の活躍

谷口 健太

東京学芸大学
芸術スポーツ文化課程在学中

谷口健太さんの写真

私は高校時代、二つの目標を立てて学校生活を過ごすようにしていました。一つ目は勉学においてで、自分が行きたい大学に合格するために一つ一つの授業を大切にするよう意識していました。授業では一分、一秒でも無駄にしないようにして学習に取り組んでいました。

二つ目に部活動があります。2年次に、所属していたサッカー部において全国優勝を経験し、もう一度全国制覇したいという想いから毎日積極的に練習に励みました。また、生活面においても成長できたのがこの部活動だと思います。挨拶や掃除、目上の人への言葉づかいなど、当たり前のことを当たり前のようにできるようになりました。

二つの目標を達成できたのは日々の努力があったからだと思います。余暇の時間など犠牲にするものはありました。しかし、犠牲にすることによって得たものは大きく将来に繋がるものだと思っています。

小室 千恵

流通経済大学卒業
千葉銀行勤務

小室 千恵さんの写真

生きていくうえでとても大切な「お金」を通じて、たくさんの方から必要とされる人になりたいと思い銀行を志望しました。実際に社会に出て銀行員となり、責任の重さや信頼関係の重要さを身に染みて感じています。

流経柏高校で培った、ダメなものはダメ。ルール・規律を守るという精神が私を強くしてくれたと思っています。また流通経済大学に入学して、 企業の経営戦略や心理学など様々なことを学び、そして信頼できるたくさんの仲間にも巡り会えました。まだ社会人1年目。右も左も分からない状態ですが、新人らしく明るく前向きに取り組む姿勢を忘れずにいたいです。

竹岡 英樹

東京大学卒業
東京大学大学院在学中

竹岡英樹さんの写真

高校時代、二次募集で流経Ⅲ類に入った私を待っていたのは途方も無いカリキュラムでした。なんせ、数学が1年でⅡBまで終わります。これはⅠ類が高校3年間で学ぶ内容です。しかし、実際やってみるとわかりますが、あながち無理な話ではありません。私がこの時期やっていたのは授業中にやったページの問題をすべて解くことと家で1時間だけ問題を解くことだけでした。1時間を越える勉強は部活をやっていた僕にとっては無理な注文でした。だから「これを毎日続ける」ということを強く意識しました。どんな日もです。自分はそんなことできない…という人がいるかもしれません。でも強豪とよばれる学校の運動部ではだいたいみんなランニングとか素振りとか基礎練習は毎日反復しますよね。学問も同じです。基礎を繰り返してものにしたという前提で、問題を解くことができるのです。結局この勉強スタイルは3年まで続きました。そして自分はまだまだ学ぶべきことがあると思い、大学進学を決意しました。

どんな進路にせよこれから先、大変なことも多々あると思います。迷ったら、無理に納得するのではなく、自分のやれることを確認して、しっかりやって大きく 成長していってください。長い人生、恥の一つや二つ気にせず、失敗に臆せず、やり遂げることが肝心です。お互い頑張りましょう!

齊藤 瑠花

早稲田大学
教育学部国語国文学科在学中

斉藤瑠花さんの写真

私が流経に入学したのは、大学受験に向けた勉強と、吹奏楽部での活動の両方に励みたい、と思ったからです。ほとんどの人は一方しか選ばない中、私はⅢ類クラスと吹奏楽部を選択しました。そのような選択をした私に、いく人かの先生は「簡単ではない」と忠告して下さいました。実際に、朝テストや7限授業のために部活を抜けたり、部活の本番のために授業を公欠したりしました。周りの友人には時間的に及ばないだけでなく、それぞれの先生や仲間に迷惑をかけざ るをえませんでした。私は、その分客観的に認められる結果を出す必要があると考えました。そのために、いつも今何をすべきか考え、できるだけ何もしない時間がないようにしました。自分がどうなるのかという不安やプレッシャーで、絶えず緊張していました。しかし、多くの先生や仲間が暖かく見守ってくれたこと が力となり、最後まで頑張れました。

3年生8月の引退まで部活ができ、現役で大学も合格し、流経での3年間は特別なものとなりました。奔走の高校時代は、今の私につながるかけがえのない日々です。

ページの先頭に戻る