本文へジャンプします。

ホーム > 学校案内 > 卒業生の活躍

ここから本文です。

卒業生の声

目標をもって3年間を学ぶことで夢は必ず叶うはずです。チャレンジ精神を持ちながら、自分の目標に向かって努力し夢を叶えた先輩たちからのコメントは、勉強へのモチベーションをより一層高めてくれるはずです。

篠塚聖哉 SHINOTSUKA Masaya

法政大学 法学部

篠塚聖哉さんの写真勉強に励むのにとても適した環境であり、施設・設備が整っているので部活動も充実できる、それが流経大柏の魅力です。私は高校に入ったら部活動にも力を入れたいと決めていたので、勉強と部活動の両立ができるⅠ類を選びました。3年間部活をやり遂げながら現役で合格できたのは、先生方や友人の温かい励ましと「文武両道」を貫きたいという固い信念があったからこそだと思います。

 

永井いづみ NAGAI Izumi

東京理科大学 理学部

永井いづみさんの写真私は学校の勉強と所属していた弓道部の両立を頑張ってきました。週に6日ある弓道部の練習に全力で取り組み、家に帰ってからはしっかりと勉強するという切り替えを大切にして高校時代を過ごしました。現在、大学でも弓道部に所属し、高校時代と同じように勉強は勉強、部活動は部活動とそれぞれ切り替えて努力し、両立させられるように日々頑張っています。

 

山本 亮 YAMAMOTO Ryo

学習院大学 法学部

篠塚聖哉さんの写真学校行事、部活動を通じて流経大柏でしか味わえない、たくさんの経験を得ることができました。仲のいいクラスメイトたちにも恵まれ、とても充実した3年間を送ることができました。自由な校風で自分の力を大きく成長することができる環境が流経大柏にはあります。流経大柏を目指す受験生の皆さんも様々なことに積極的にチャレンジし、素晴らしい高校生活を送ってください。

 

鈴木 雄大 SUZUKI Takehiro

東京大学 理科Ⅱ類

永井いづみさんの写真私が東京大学に合格できたのは流経大柏で素晴らしい先生や、共に高め合える友人と出会えたからです。思い返すと、受験期間は、短かった気もしますが、勉強をしている時は、長くも感じていました。趣味や好きなことで息抜きをすることも大切だと思います。私の場合は数学でしたが、その勉強が遊びと思えるほど好きな教科を持っていると「英語で疲れたから数学をしよう」と思えるので時間を有効に使えると思います。

 

檜垣里菜 HIGAKI Rina

東京学芸大学 教育学部

檜垣里菜さんの写真私は今、大学で演劇や音楽、ダンス、美術などの「表現」について学んでいます。将来はそういった表現活動の学びを通じて、教育を支援する仕事に就きたいと考えています。受験において基礎学力をつけることはもちろん重要ですが、志望校に沿った緻密な計画、その実行も必要です。その点で私はⅢ類の先生方に親身になって対応していただきました。まさに先生と二人三脚で合格を掴み取ったのです。さあ、自分の夢に向かって一歩踏み出そう!

 

相田将栄 AIDA Masahide

慶應義塾大学 理工学部

相田将栄さんの写真私は流経で勉強の楽しさを知ることができました。Ⅲ類ではⅠ類と比べて授業数が多く、初めは辛いと思うこともありましたが3年生の時に担任の先生から「受験は祭りだと思って楽しもう」と言われ、それ以降、受験勉強に対するモチベーションを高く保つことができました。私は高校での学習を通じて特に物理に興味を持つようになったので、今後は大学でも本格的に学んでいきたいと考えています。

 

飯塚 茜 IIZUKA Akane

早稲田大学 教育学部

檜垣里菜さんの写真Ⅲ類は勉強量が多いですが、夏と冬に行われる合宿などを通して、友達とより絆が深まりました。また行事にも積極的に参加するので心身共に成長し、充実した学校生活を送ることができます。受験の時には熱心な先生方のサポートのおかげもあって第一志望の大学に合格することができ、それが自信に繋がり今は大学のサークルやボランティアなどに積極的に挑戦しています。

 

蓬莱 七星 HOURAI Nanase

流通経済大学 スポーツ健康科学部

相田将栄さんの写真高校サッカーをやりたいという思いから流経大柏に入学しました。しかし流経ではサッカーの技術や、能力のことだけではなく、「学業面」や「礼義の面」と言ったサッカー以外のことを多く学ぶことができました。それらは今後、自分を高めていく過程において貴重な財産になると思います。今は流通経済大学で「プロサッカー選手」になるという夢に向かって日々努力を重ねています。

 

鈴木塁人 SUZUKI Takato

青山学院大学 総合文化政策学部

鈴木塁人さんの写真駅伝部を全国高校駅伝に導こうと打ち込んだ三年間でした。目標を達成し、流経だからこその切磋琢磨できる環境と仲間に恵まれたことは幸せな高校生活でした。競技や学校生活を通して不可欠であることを学び、取り組むことができたことは今の大学生活にもつながっています。箱根路から世界に通用する選手になる夢の実現に向かって、流経卒業生の代表として挑戦します。

 

冨永和輝 TOMINAGA Kazuki

流通経済大学 経済学部

冨永和輝さんの写真私は生徒の個性と実力を伸ばしてくれる流経柏に魅力を感じて入学し、高校在学中はサッカー部に所属して勉強と部活動の両立を目指しました。3年次のインターハイは決勝で敗れ「全国制覇」という夢は叶いませんでしたが、素晴らしい指導者や仲間たちに恵まれ充実した時間を過ごすことができました。大学では「プロサッカー選手になる」という夢に向かって日々努力しています。

ページの先頭に戻る