本文へジャンプします。

ホーム > 学校案内

ここから本文です。

学校案内

 本校は1985年、学校法人日通学園流通経済大学の付属高校として千葉県柏市に創設され、今年で創立36年目を迎えます。
開校以来、「智識(智慧と見識)の涵養と眞理探求の精神を培い、日本的教養と国際性を身につけながらスポーツや文化活動の振興によって、正義、誠実の心と勇気ある気質を育てる」という教育方針の下、国際社会で活躍できる社会有為の人材の育成に努めてまいりました。

 今、社会は大きく変わろうとしています。それ故に、未来を力強く切り拓く力を持った生徒を育成する必要があります。生徒達には、「社会の変化に柔軟に対応できる知識と能力」を身につけ、どんな時代においても不易である「心の豊かさ」を大切にしながら精進してほしいと願っております。今後も常に未来を見すえ、教職員一丸となって新しい時代に適応する教育に力を入れて行く所存でございます。

輝く未来に向かって、流経大柏は進化し続けます。

校長 林 静男

校章

本校の校章は、智識(知慧と見識)を涵養し、眞理を究めることを象徴した白色の開いた書籍の上に、所在地、柏市に因んだ柏の葉を三葉、スクールカラーの臙脂 色に染めて組み合わせたものです。3枚の葉は、右が「誠実」、中央が「正義」、左が「勇気」と、本校の教育の指針を示し、書籍の白地には校名が記されてい ます。

教育方針

  1. 流通経済大学との一貫教育を柱として、ゆとりある教育内容によって日本的教養と国際性を培います
  2. 智識(知慧と見識)の涵養と眞理探求の精神を培い、スポーツや文化活動の振興によって、正義・誠実の心と勇気ある気質を育てます

日常生活の重点目標

日常生活においては特に「思いやりの心」と「奉仕の精神」を「二つの誓い」としてこれを実践しています

沿革

1985年3月 流通経済大学付属柏高等学校設置認可
1985年4月 流通経済大学付属柏高等学校開設
1985年11月 体育館竣工
1988年4月 普通科Ⅱ類開設
1995年11月 創立10周年記念式典挙行
1998年5月 生徒会館(尚志館)竣工
1999年4月 普通科Ⅲ類開設
2001年7月 校舎3階多目的ホール増設
2002年9月 第2グラウンド(サッカー場)竣工
2005年5月 第1、第2グラウンド完全人工芝化
2005年6月 創立20周年記念式典挙行
2006年4月 硬式野球場竣工
2012年4月 スクールバスロータリー、部室棟竣工
2013年4月 校舎2号館(食堂併設)竣工
2014年9月 第2体育館(2階建)竣工
2015年10月 創立30周年記念式典挙行
2019年3月 多目的グラウンド竣工
2020年4月 3類型制から3コース制に変更、全コース共学化

ページの先頭に戻る